Exhibition

リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの> 巡回開催中

real-hekinan.jpg

展覧会名:リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの>

会  期:2017年9月23日(土・祝)〜11月5日(日) ※月曜日および10月10日(火)は休館、(10月9日は開館)

会  場:姫路市立美術館https://www.city.himeji.lg.jp/art/

出品作家:1 写実の導入<明治黎明> 高橋由一・加地為也・五姓田芳柳・岩橋教章・横山松三郎・堀和平・床次正精・田村宗立・川村清雄・五姓田義松・曾山幸彦
     2 写実の導入<明治中期以降> 本多錦吉郎・小泉成一・渡辺幽香・高橋源吉・原田直次郎・中村不折・伊藤快彦・櫻井忠剛・満谷国四郎・石川寅治・寺松国太郎
     3 写実の展開<劉生と草土社、その地方への伝播> 岸田劉生・河野通勢・椿貞雄・大澤鉦一郎・宮脇晴・清水敦次郎・三輪四郎・伊丹万作・重松鶴之助
     4 昭和 戦前・戦後 靉光・小絲源太郎・髙島野十郎・筧忠治・中原實・長谷川潾二郎・牧島如鳩・牧野邦夫
     5 現代の写実 奥谷博・野田弘志・河野通紀・上田薫・犬塚勉・吉村芳生・木下晋・三浦明範・磯江毅・本田健・水野暁・安藤正子

観覧料金:一般1000(800)円、大学・高校生600(400)円、中学・小学生200(100)円 ※( )内は20名以上の団体料金


※水野暁は「The Volcano−大地と距離について/浅間山−」(2012-2016|油彩・キャンバス|145.5×227.3cm)を出品しています

※会場にて関連映像も上映中

公式図録発売中


Exhibition

ニッポンの写実・そっくりの魔力 巡回開催中

sokkuriimg001.jpg

展覧会名:ニッポンの写実・そっくりの魔力

会  期:2017年9月30日(土)〜11月12日(日) ※月曜日休館

会  場:豊橋市美術博物館http://www.toyohashi-bihaku.jp/?page_id=8252

観 覧 料:一般・大学生1000(800)円、小・中・高校生400(300)円 ※( )内は前売または20名以上の団体料金

※水野暁は「Tangential line」(2010|油彩、板|53.0×72.7cm 2点組)を出品します。

※この展覧会は、奈良県立美術館(2017年11月25日〜2018年1月14日)を巡回予定です。

Exhibition

中之条ビエンナーレ2017 (終了しました)

NakanojoBiennale2017-Symbiosis-leaflet.pdf

展覧会名:中之条ビエンナーレ2017 http://nakanojo-biennale.com

会  期:2017年9月9日(土)〜10月9日(月・祝) ※会期中無休

開催場所:群馬県吾妻郡中之条町 町内6エリア50カ所 参加アーティスト163組

パスポート当日1,000円/高校生以下無料


※水野暁は「水野暁+ルーシー・デ・パラウ」として、スペイン人アーティストLucie de Palauと同じ空間でコラボレーション展示/新作を発表しています(展示会場:イサマムラ2F(総合案内会場)

※トークイベント|『ディスカッション:なぜ芸術家は作品をつくることができるのか?』出演予定(9月30日(土)午後17:30〜19:30/場所:つむじホールhttp://nakanojo-biennale.com/event/discussion


Exhibition

髙島屋美術部創設110周年記念 microcosmic spirits  (終了しました)

展覧会名:髙島屋美術部創設110周年記念 microcosmic spirits

会期会場:東京展|2017年3月22日(水)〜3月28日(火) 髙島屋日本橋店6階美術画廊https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/index.html
     京都展|2017年4月5日(水)〜4月11日(火) 髙島屋京都店6階美術画廊https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/event3/index.html#os8681
     大阪展|2017年5月17日(水)〜5月23日(火) 髙島屋大阪店6階美術画廊
     横浜展|2017年5月31日(水)〜6月6日(火) 髙島屋横浜店7階美術画廊
出品作家:
<絵画>
相笠昌義・青木敏郎・五百住乙人・池口史子・石垣定哉・石黒賢一郎・大津英敏・大沼映夫・大畑稔浩・大矢英雄・奥谷博・笠井誠一・金井訓志・柄澤齊・川村悦子・絹谷幸二・久野和洋・小杉小二郎・五味文彦・酒井信義・佐々木豊・高橋幸彦・谷川泰宏・田村能里子・中山忠彦・野田弘志・林敬二・原崇浩・櫃田伸也・広田稔・古吉弘・三浦明範・三嶋哲也・水野暁・宮崎進・室越健美・山田嘉彦・山本大貴・吉岡正人・李暁剛・渡抜亮
<彫刻>
澄川喜一・土屋仁応・灰原愛・板東優・深井隆・保田井智之・前原冬樹・三宅一樹・籔内佐斗司・山本正道


※水野暁は新作小品1点(18.0×14.0cm)を出品しています。

Exhibition

第22回 彩樹会  (終了しました)

展覧会名:第22回彩樹会

会  期:2017年4月12日(水)〜28日(金) ※日曜休廊

会  場:彩鳳堂画廊 東京都中央区京橋3−3−10第1下村ビル2F http://saihodo.com

出品作家:安達博文、石黒賢一郎、稲垣考二、榎 俊幸、小尾 修、加藤良造、川口起美雄、瀧下和之、水野 暁


※水野暁は新作3点を出品中です。


Exhibition

水野 暁『Beyond -Madrid-Gunma-』ー文化庁新進芸術家海外研修報告展ー   (終了しました)

DMデータ1.pdfDMデータ2.pdf
2014年9月より1年間、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてスペイン・マドリードに滞在・研修を行いました。約4年半ぶりの個展となる本展は、スペインで滞在制作した作品を中心に、前回の個展以降に制作した作品や帰国後の作品など、ここ数年の取り組みを紹介します。

展覧会名:水野 暁『Beyond -Madrid-Gunma-』ー文化庁新進芸術家海外研修報告展ー

会  期:2016年11月22日(火)〜12月17日(土) 11:00-19:00 ※日祝休

会  場:彩鳳堂画廊 〒104-0031東京都中央区京橋3-3-10第1下村ビル2階

入 場 料:無 料

■関連イベント:アーティストトーク 2016年11月26日(土)午後14:00〜開催予定
■展示作品及び作家コメント(研修報告書抜粋)を掲載した展覧会カタログを販売予定

㈪.jpg研修制度ロゴ.jpg

浅間山取材協力:鬼押出し園 ロゴ1.JPG


展覧会に関するお問い合わせ:彩鳳堂画廊 tel : 03-6262-0985  saihodo@mba.nifty.ne.jp
http://saihodo.com

Exhibition

定点観測展     (終了しました)

展覧会名:定点観測展

会  期:2016年11月17日(木)〜12月10日(土) 10:30-17:30(最終入館17:00) ※日祝休館

会  場:桐蔭学園アカデミウム・ソフォスホールhttp://toin.ac.jp/info/access/

出品作家及び展示内容:

     ■ 萩原朔美(映像作家・演出家・エッセイスト)
     ■ 小松透(写真家)
     ■ 齋藤大輔(カメラマン)
     ■ 水野暁(画家)
     ■ 定点観測「スカイツリーができるまで」
     ■ 宇宙からみた、ある都市のうつりかわり 人口衛星「だいち」がとらえた画像
     ■ 桐蔭学園の定点観測

入 場 料 :無 料

mizuno_caption.pdf定点観測展|作品キャプション|展示会場:桐蔭学園アカデミウム
水野暁は『Rebirth−果樹について−』(2009-2012|油彩、板|162.0×162.0cm)を出品します。
また、関連展示として、中之条ビエンナーレ2011で展示したりんご立体作品の一部と、りんごの花のスケッチ、制作現場で撮影された写真資料を展示予定です。

Exhibition 

異境     (終了しました)

展覧会名:異境

会  期:2016年12月2日(金)〜12月17日(土) 11:00-19:00 ※日月祝休

会  場:Gallery Suchi 〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町2-17-13 第二井上ビル2Fhttp://www.gallerysuchi.com

出品作家:石黒賢一郎・五味文彦・藤田貴也・藤原由葵・前原冬樹・水野暁

入 場 料 :無 料

■関連イベント:水野暁によるアーティストトーク 2016年12月3日(土) 16:00〜開催予定


Exhibition

第21回彩樹会   (終了しました)

top_exh_saijyukai21.jpg
水野暁は新作2〜3点を出品予定。

会  期:2016年5月12日(木)〜28日(土) 10:00-19:00 日曜休廊

会  場:彩鳳堂画廊 〒104-0031東京都中央区京橋3-3-10第1下村ビル2F

出品作家:安達博文、石黒賢一郎、稲垣考二、榎 俊幸、小尾 修、加藤良造、川口起美雄、五味文彦、瀧下和之、水野 暁

http://saihodo.com

Exhibition

現代における標識・Reborn−その日常性と非芸術性について−  (終了しました)

nomo_title.gif

群馬県立近代美術館で開催される『群馬NOMOグループの全貌−1960年代「変わったヤツら」の前衛美術−』の関連展示『現代における標識・Reborn−その日常性と非芸術性について−』に参加出品します。(集団制作のインスタレーション展示となります。)水野暁は7点の作品を出品します。

会  期:2016年1月16日(土)〜3月21日(月) ※開館時間:9:30ー17:00(入館は16:30まで)、月曜休館

会  場:群馬県立近代美術館 1Fギャラリー

参加作家:田島弘章、藤森勝次、加藤アキラ、堤幸夫、深町征寿(以上、群馬NOMOグループ)
     木暮伸也、八木隆行、小林達也、水野暁、喜多村徹雄、鬼頭健吾、村田峰紀
     カナイサワコ、大竹夏紀、ましもゆき、川松康徳、榎本浩子(順不同・敬称略)

詳しくは群馬県立近代美術館ホームページをご覧ください。http://mmag.pref.gunma.jp/art-event/NOMO_event.htm

Exhibition

Color 01  (終了しました)

彩鳳堂画廊の常設展示「Color 01」にて過去作品を展示いたします。水野暁は「ARC-ある領域のなかで-」(2010-2012/145.5×145.5cm)、「the flow」(2011/15.0×15.0cm)、「Blooming」(2011/15.0×15.0cm)を展示予定です。

会  期:2016年2月16日〜3月11日 10:00-18:00 ※土日休廊

会  場:彩鳳堂画廊 〒104-0031東京都中央区京橋3-3-10第1下村ビル2F

出品作家:磯江毅、大沢拓也、岡村桂三郎、川口起美雄、熊谷曜志、三枝淳、水野暁

http://saihodo.com

Exhibition

『1974年ニ生マレテ』開館40周年記念展 1974|第1部 (終了しました)

チラシ001.jpg

今年で開館40周年を迎える群馬県立近代美術館。
それに伴い開催予定の、美術館と同じ1974年に生まれた作家による展覧会『1974年ニ生マレテ』に参加出品します。
水野暁は新作数点と過去の代表作を合わせて複数点出品する予定です。

会  期:2014年6月28日(土)〜8月24日(日) ※休館日=月曜日(7月21日、8月11日は開館)、7月22日

開館時間:AM9:30〜PM5:00(入館はPM4:30まで)

会  場:群馬県立近代美術館

主  催:群馬県立近代美術館/上毛新聞社

協  力:ARTISTS'GUILD

出品作家:小林耕平、末永史尚、土屋貴哉、春木麻衣子、水野暁、宮永愛子

観 覧 料:一般 610(480)円、大高生 300(240)円


※各作家アーティスト・トークを開催予定です。
※水野暁は公開制作・ワークショップを開催予定です。

詳しくは群馬県立近代美術館ホームページをご覧ください。http://mmag.pref.gunma.jp

*観覧料の( )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料です。

※プレスリリースは美術館サイト内よりダウンロードできます。http://mmag.pref.gunma.jp/press/index.htm

Exhibition

「夢の軌跡」群馬の作家59人展−上毛芸術奨励賞・芸術文化賞受賞者展覧会− (終了しました)

チラシ上毛001.jpg

上毛新聞社が1977年より芸術家に与えてきた上毛賞。
今までに上毛芸術奨励賞・文化賞を受賞した作家による展覧会に参加出品します。
水野暁は『Love&Peace』(2006)、『無条件と、その法則』(2005)、を出品予定です。

会  期:2014年6月28日(土)〜7月8日(火)

開館時間:AM10:00〜PM5:00(最終日はPM2:00まで)

会  場:高崎シティーギャラリー

主  催:上毛新聞社
後  援:群馬県教育委員会・高崎市・高崎市教育委員会・NHK前橋放送局・群馬テレビ・FMぐんま

入 場 料:無 料

上毛新聞社『夢の軌跡・群馬の作家59人展』特設サイトhttp://www.jomo-news.co.jp/jigyo/yumenokiseki/

Exhibition

存在の美学 第3回 伊達市噴火湾文化研究所同人展+9 札幌展 (終了しました)


存在の美学 第3回 伊達市噴火湾文化研究所同人展+9 札幌展に参加出品します。
水野暁は『ARC-ある領域のなかで-』(2010-12)、『G線上の翔き』(2007-08)、を出品予定です。


会  期:2014年6月21日(土)〜7月6日(日) ※会期中無休

開館時間:AM9:45〜PM5:30(入場はPM5:00まで)

会  場:札幌芸術の森美術館

観 覧 料:一般1,000(800)円、高校・大学600(400)円、小・中学生400(200)円

*観覧料の( )内は前売り、また20名以上の団体割引料金

主  催: 伊達市・伊達市教育委員会、だて噴火湾アートビレッジ実行委員会、NPO法人伊達メセナ協会、「存在の美学-伊達市噴火湾文化研究所同人展-」札幌展実行委員会
共  催:札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
特別協力:HBC北海道放送
協  力:大丸藤井セントラル
後  援:札幌市、室蘭民報社、朝日新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社、NHK札幌放送局、TVhテレビ北海道